神前式

見直される挙式

和装の回帰ブームで、神社挙式を行う福岡の人たちが多くいます。神社挙式は親の世代にも理解を得やすいです。そのため、披露宴会場が併設されている神社もあります。また、祭事と重なってしまうと式が挙げられませんので、神社とよくスケジュールの調整をしてください。

新郎新婦

伝統の挙式スタイルが人気

日本の伝統的なスタイルで結婚式をあげたいと神社挙式を選ぶ人が増えています。神社によって、招待できる人数や披露宴の会場があるかどうか異なってきます。挙式が多く行われている神社であればブライダルプランが用意されていることがほとんどなので、自分達の希望にあう挙式ができるプランを探してみるといいでしょう。

教会

結婚するなら式場を知ろう

結婚式場の利用方法には手順があるのでちゃんと知ってから使うと便利です。まず大阪市にある結婚式場を選定して、実際に問い合わせを行い仮契約をします。その後本契約になりスタッフと打ち合わせ、招待状を送って当日に結婚式をするのです。

おもてなしの心

花

目的を決めて

従来の決まりきったプログラムではなく、二人らしい演出を取り入れたおもてなしを重視した結婚式の披露宴が、広島でも増えてきています。結婚式を行ったホテルや専門式場で引き続いて披露宴を行うケースが一般的ですが、教会や神社での挙式後に別の結婚式場で披露宴を行うケースもあります。なんといっても披露宴の成功を左右してしまうのが、結婚式場選びになります。式場の特徴や規模、設備やサービスで披露宴の内容は90%決まってしまうといっても過言ではありません。招待客がスムーズに結婚式場にたどり着くことができるか、くつろぎやすくなっているか、招待客の目線でじっくりと検討することが大切になってきます。高いホスピタリテイで信頼感があるのがホテルです。宿泊もでき料理も和、洋、中から選ぶことができます。専門式場は豊富な知識と多彩なプランを持っています。きれいな内装ときめが細かいサポートが魅力になっています。ゲストハウスは貸切ができる会場が広島でも多くあって、アットホームなおもてなしができると人気上昇中です。レストランは料理重視のカップルが支持しています。また費用を抑えたいカップルに選ばれているのが、広島の自治体や公共団体が運営している公共施設です。広島でも少数派になりますが、料亭やクルーズ船、パーテイ用のレンタルスペースなどでも披露宴が行われています。結婚式場もいろいろとあります。下見をすればするほど選べなくなってしまうこともあります。そんな時に大切にしたいのは披露宴の目的です。両親に感謝を伝えたいとか、大切な人たちをおいしい料理でもてなしたいとかテーマを決めて選択すると、おのずと会場も絞り込まれてきます。