見直される挙式

神前式

理解を得やすい

最近福岡では、神社挙式が少しずつ人気を盛り返してきています。和装への回帰とともに、日本人らしい挙式の形が見直されてきています。格調が高くて親の世代にも、もっとも浸透をしている挙式のスタイルですから、神社挙式は周囲の理解を得やすいのが特徴になっています。キリスト教式では結婚は個人と個人の結びつきとされています。しかし、神社挙式では家同士の結びつきと考えられています。そのため式次第の中に親族固めの杯の儀式があります。近年までは親族以外の参列は認められてはいませんでした。ですが、最近はニーズに応えて親しい友人などの参列を受け入れている、福岡の神社も多くなってきています。福岡の大きな神社では、結婚式場や披露宴会場を敷設している所もあります。ですから、このような神社で神社挙式を行うと、挙式から披露宴への移行が速やかになります。また神社挙式を行うと、初詣や子供のお宮参りなど結婚した後も身近な存在になってきます。福岡の神社では神社の祭事と重なると、希望をした日に式を挙げられないこともあります。そのため、神社とよく話し合って挙式の日取りを選定することが大切になってきます。また、披露宴会場が併設されていない神社で挙式を行うときには、披露宴の会場や衣装の手配が別途に必要になってきます。参列が家族や親族に限られている神社もありますので、神社とよく話し合ってスケジュールを組むようにしてください。挙式を希望する神社があるときには、まず挙式が可能かどうかを問い合わせてください。